So-net無料ブログ作成

軍艦島     長崎の島旅(2) [島旅]

DSC08529-m.jpg

軍艦島(端島)

3度目にして、やっと渡ることができました。
過去2度、海が荒れて渡れなかった島... といっても、就航率がそんなに悪いわけではなく、単に僕の運が悪かっただけなのですが...
近々『世界遺産』に登録されるかもしれないので、行くなら”今でしょ”!

かつて、海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度があり云々.... この島は、あまりにも有名なので、詳細は割愛します... 詳しくはネットで。

戦艦『土佐』に似ているからその名が付いたという話ですが、確かに戦艦に見える。
ただ、戦艦のシルエットなんてデフォルメすると大差はないので、きっと”岩崎弥太郎”が土佐出身だったので、『土佐』にしたんだろうなって勝手に思っています。

軍艦島への上陸ツアーは何社かありますが、今回利用したのは、『やまさ海運』
五島行きのフェリーに間に合う&フェリーターミナルに近いという理由でこれにしました。

DSC08407-s.jpg

乗った船は、マルベージャ3... 2時間半の軍艦島上陸ツアー。

では、ツアーの概要をざっと紹介します。
  

  

 
DSC08414-s.jpg

桟橋を出てすぐ右手に見えてくるのが、三菱の長崎造船所... でかいです。
ちょうど、イージス艦”こんごう”がドック入りしていました。

DSC08417-s.jpg

女神大橋の下をくぐり外洋へと...

DSC08428-s.jpg

すぐ見えてくるのが、リゾートアイランド

伊王島

右端に見えている小さくて白いのが、映画『あなたへ』の舞台になった伊王島灯台。

DSC08432-s.jpg

島の中ほどにある大きな教会は、映画『家族』の舞台になった沖ノ島天主堂。
詳しくは過去ログで...

http://simayoibito.blog.so-net.ne.jp/2013-10-27
http://simayoibito.blog.so-net.ne.jp/2012-04-18

DSC08435-s.jpg

伊王島大橋をくぐり、

DSC08438-s.jpg

見えてきてのは、昨年訪れた

高島

ここも、かつて炭坑で栄えたところ... 詳しくは過去ログで。

http://simayoibito.blog.so-net.ne.jp/2012-04-04

DSC08443-s.jpg

高島を過ぎると目の前に軍艦島が見えてくる... なんかドキドキしてきました。

DSC08444-s.jpg

軍艦島の手前にある小さな島は、

中ノ島

炭坑として開発された後、緑地公園として整備され、端島(軍艦島)の住民の憩いの場として利用されていたそうです。

DSC08456-s.jpg

島には、綺麗な桟橋がついていました。
いよいよ上陸...ワクワク感最高潮!

DSC08475-s.jpg

遊歩道が整備されていて、ガイドの指示に従って見学することになります。(遊歩道以外は立ち入り禁止)

DSC08477-s.jpg

3箇所でガイドの説明を受けました。

DSC08490-m.jpg

かつて日本の基幹産業を支えた繁栄の跡が...

DSC08491-s.jpg
DSC08476-s.jpg
DSC08498-s2.jpg

世界遺産になったら、維持管理が大変だろうな... それとも朽ちていくままにしておくのだろうか?
グーグルのストリートビューで島を散策できるようになっています.... メイキングビデオは必見。⇒ 軍艦島をストリートビュー

DSC08515-s2.jpg

上陸時間は、約40分。
船が軍艦島を離れると、すぐ別のツアー船が来ていました。

島を離れた船は、時計回りに島をゆっくりと一周。
一枚目の画像は、軍艦の姿に見えると言われた方向から撮ったものです。

DSC08551-s.jpg

これは、かつての社宅。

DSC08568-s.jpg

左側の白い大きな建物は、小中学校。

DSC08572-s.jpg

島を一周したあと、来たときと同じルートで港へと向かいます。

DSC08595-s.jpg

港に着く直前、長崎造船所(三菱)と反対側の高台にはグラバー亭が見えます。
その下には小さなドックがあり、ちょうど進水式を迎えた船が万国旗をはためかせていました。

軍艦島上陸ツアーはざっとこんな感じです。
でも、『百聞は一見にしかず』... 機会があれば、ぜひ!

【ワンポイントアドバイス】
このツアー船は、軍艦島を時計回りに一周するので、オープンデッキの”右側席”がお勧めです。




続く...

軍艦島入門

軍艦島入門

  • 作者: 黒沢 永紀
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2013/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌 (ビジュアルブック水辺の生活誌)

軍艦島海上産業都市に住む

  • 作者: 阿久井 喜孝
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2004/10/14
  • メディア: 単行本

nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 8

リュカ

おおお!テンションMAXです!
わたしもやまさ海運を予約してるんです。13:00〜のやつ!
オープンデッキの”右側席”ですね。覚えておきます^^
ここに昔はたくさんの人が住んで、働いていたのですよね。とっても不思議。
あー楽しみだぁ〜〜〜!!上陸できますように!

by リュカ (2013-12-11 22:09) 

☆彡異邦人

~☆ 島酔潜人さんへ ☆~
ほんとうに軍艦に見えますね。
島酔潜人さんの臨場感溢れるブログで
異邦人も訪れたような気持ちになりました。
by ☆彡異邦人 (2013-12-11 22:11) 

島酔潜人

>>リュカ-san

本当にすごいところでした。
日本の歴史にこんなところがあったということを、後世に残しておいて欲しい場所ですね。 

by 島酔潜人 (2013-12-11 23:40) 

島酔潜人

>>異邦人-san

軍艦島なんて、一般うけする名前付けて..... と、思っていたのですが、見る方向によっては本当にそれらしく見えるんですよね。
by 島酔潜人 (2013-12-11 23:43) 

ちょいのり

憧れです。
だって、廃墟+島旅なんて、ボクにとっては最強の聖地ですもの^^;
遊歩道から飛び出したい!w
by ちょいのり (2013-12-12 03:14) 

島酔潜人

>>ちょいのり-san

廃墟+島旅.. そそられますよね。
最近、戦跡で有名な和歌山の友ヶ島がアニメファンの間で人気らしいです。 また、渡ることはできませんが、愛媛の四阪島にも行ってみたいなぁ~。
ストリートビューで飛び出してください!:-)
by 島酔潜人 (2013-12-12 09:37) 

ちょいのり

四阪島は行ってみたいですね~^^
企業の人にお願いするしか行けなさそうですが、だからこそ行って見たいです^^

by ちょいのり (2013-12-19 03:58) 

島酔潜人

>>ちょいのり-san

四坂島、惹かれますよね..
ぜひ、ちょいのりさんの人脈で.. その際はお供させてください。:-)

by 島酔潜人 (2013-12-19 11:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます